入稿と最終確認

印刷データを印刷会社に入稿して試し刷りをしてもらい、印刷時の仕上がりの状態を再度チェックして印刷の可否を判断し、OKの場合はそのまま印刷してもらい、本が完成します。

 

デザイナーによってレイアウトされたものを確認してレイアウトができあがればデータを印刷所に送り入稿します。

 

最終の確認

 

入稿したデータをもとにまず確認用の『校正紙』が送られてくるので、色のチェックする『色校正』という作業をしていきます。これは大事な作業になり、パソコンで送ったデータと実際に紙に印刷されてきたものとでは多少の色違いが起こってくるのでしっかりと確認が必要になります。

 

この時に、文字なども最終確認をして修正があれば印刷所に指示をしていきます。編集長や各編集者の確認がおわりすべてのページが出来上がったら印刷会社に雑誌の印刷を依頼して完成されていきます。