雑誌編集者になるには

雑誌の編集者になるには、出版社に就職をするということが一般的です。その場合には、出版社の多くは大卒または専門卒以上を学歴として求められています。でも、やはり大手出版社に就職をしたいというのであれば4年制の大学をした方がいいのではないでしょうか。

 

出版社の試験の多くは、一般常識、作文、面接といったことが行われ、ディスカッション≪討論≫などを取り入れている企業もあります。

 

しかし、特に大手出版社の場合には、就職をしても希望する雑誌の編集者として働くことができるかといえばそうないことの方が多いようです。宣伝、小説部署など様々な部署があるため希望しない部署などに配属をされるということの方が多く、経歴を積んで雑誌編集で働きたいということを会社に伝えていかなくてはなかなか難しいようです。

 

その他の方法として、編集プロダクションに就職するという方法もあります。現在、多くの雑誌ではこういった編集を専門とする編集プロダクションに依頼をして行っているところが多く、編集プロダクションに就職をすれば出版社の編集部と相談をしながら企画、撮影、レイアウト、色校正といった雑誌編集の仕事に携わることができます。

 

雑誌によっては、すべてを編集プロダクションに任せ出版社は監督、内容チェックといったことをするところもあるようです。

 

編集プロダクションは、出版社と比較すると採用条件は厳しくありませんので、専門学校卒業の方でも十分に活躍をすることができるでしょう。

 

また、実力をつけて出版社に転職したり、そのままフリーランスになる人や、独立して編集プロダクションを設立したりするという人もいます。

 

なので、あなたの目指すものが何かを明確にしたうえで、大学か専門学校に行くかを決めていきましょう。