ゲームクリエイターになる方法

ゲームクリエイターになる方法はいくつかありますが、
一番オードソックスな方法は新卒で面接を受けてゲーム会社に入社することです。

 

新卒の場合ゲーム製作の経験や技能がなくても入社できるので、
とりあえず中にもぐりこみ、そこから色々とゲーム製作の技術を教えてもらうのです。
その会社でこつこつと実積を積んでいくと、そのうちゲーム製作の指揮をとる立場に、
つまりゲームクリエイターになることが出来ます。

 

他の方法としては、独学でゲーム製作の技術やプログラミングなどを学び、
中途採用でゲーム会社に入る方法があります。
この場合入社試験で簡単なゲームを作ってくるとか、
ゲーム製作知識がないと出来ないような課題を出される可能性が高いです。
なので難易度は新卒採用より高いですが、実力があればゲーム会社に入ることが出来ます。
中に入った後は新卒の場合と同じです。

 

他にも同人など趣味の分野でゲームを作る方法があります。
趣味の分野でゲームを作って売っていると、
そのうちゲーム会社の人の目にとまってスカウトされることがあります。
有名な同人ゲームを作れないとプロからスカウトが来る可能性はほとんどないですが、
同人ゲーム製作からプロになった例がないわけではないです。

 

他にも方法がありますが、主な方法はこの三つになります。