憧れの編集者になるには

数人の編集者がそれぞれパージを担当して1つの雑誌を作っていきます。主に、雑誌を発行する出版社や出版会社から編集を依頼される編集プロダクションといったところで働いてきます。

 

ファションなど雑誌編集者は担当ページのテーマを考え、テーマに沿った原稿や写真などを収集し、雑誌の形を整えます。ページをデザインやレイアウトなどを決定したり、ライターなどに原稿の依頼、雑誌に載せる写真の手配がありカメラマンやモデル、撮影の準備、または雑誌を印刷する印刷所とやりとりなといろいろな仕事があります。

雑誌編集者になりたいと思っている方へ

好きなことをとことん追求してチャレンジしていくこと。ファッション雑誌であればファッションが好きな気持ちが強いとよりいい仕事ができると思っています。流行を発信していく仕事は本当に楽しい仕事だと思います。ぜひとも、そういった仕事がしたい方には最高の仕事になるでしょう。

編集者の仕事は、雑誌や書籍の企画や立案から始まり、その企画の内容は多岐にわたり、購買層や世相を把握したうえでメッセージが伝わる本を作らなければなりません。

 

企画を立てたら編集会議で発表して、他の編集者の賛同を得る事が必要で、独りよがりではなく、多くの人々の需要性が高い方が良い企画の条件になります。

雑誌編集者のやりがいとは

この仕事のやり甲斐を感じるのは自分の立てた企画が世の人々に賛同された時や、著者や写真家、イラストレーターの良さを知ってもらえる事です。依頼するのは自分が見込んだ著者、完成させた本が売れる事は編集者の醍醐味でもあります。本が完成するまでのプロセスを楽しめる事が編集者の資質となるに違いないでしょう。

 

手がけた新しい雑誌が発行され書店などに並んだ時と、読者から『おもしろかった』などという言葉をもらった時です。長い時間をかけて作りあげたものが形になった時は最高の喜びを感じます。

 

あとは、流行を先取りして流行りをつくっていけるということ。半年から1年ぐらい雑誌を発行するまでに時間があるので、これは流行ると思ったことを企画してそれが本当に当たったことはうれしいですね。

 

 

仕事上こころがけていること

多くの情報に触れることです。ブランドの展示会があれば見学にいったり、テレビや今ではネットの情報なども気にしています。情報を得るためによく街に出かけてリサーチをしていますね。やはり編集者はフットワークを軽くしておかなければいけませんからね。

 

あとは、どうしても不規則な生活になりがちなので健康には気を付けています。

更新履歴